写ルンです発売から30年。人気が再燃

今なぜ「写ルンです」に需要が

「写ルンです」は30年前に富士フィルムから発売されたカメラ要らずの画期的な“レンズ付フィルム”のことです。

カメラを持っていなくても必要な時に写真店やコンビニなどで購入、撮り終えたらそのまま現像に出すいわゆる使い捨てカメラ(実際はフィルム以外リサイクルされるので地球に優しい商品です)。

その便利さとお手軽さで当時旅行などには欠かせないものとなりました。

しかしここ数年デジタル主流の波に飲まれ販売している場所もわずか、細々と置かれ存在が忘れられつつありました。

 

人気復活のきっかけは若者達

ところが今なぜ再び注目を集めているのか?

やはりその中心は若い世代。

デジカメやスマホの特徴は撮ってすぐ画像が確認できることや画質の鮮やかさ、画像を自由に加工できるなどですが、写ルンですはレトロ調な画質、現像するまでのワクワク感、機能が少ない不便さが逆に新鮮だそうです。

当店でも販売しております

現像・プリント・CD保存もお任せ下さい


─使い方は簡単─

「写ルンです」で設定するものは何もありません。シャッターボタンとフラッシュボタンがあるだけ。それを押すだけです。しかも軽い。誰でも簡単に使えます。

そして現像しなければどのような写真が撮れたかも分からないドキドキ感を味わえるのが魅力です。

─1枚の大切さ─

デジカメのように確認しながら撮ることはできません。しかもフィルムの枚数が限られている。

1カットを大切に、心を込めて撮影しましょう。

─CD保存も可能─

せっかく撮った写真、やっぱりSNSにアップしてみんなと共有したい!

そんな時もご安心ください。

フィルムをデータ化してCDに保存することもできます。


画質の違い

「写ルンです」はとにかく何の機能もありません。だからこそフィルム本来の質感が写真に現れます。

デジタルの鮮やかでカチッとしたものに比べ、柔らかく淡い画質がノスタルジックな雰囲気を醸し出します。

被写体や用途に合わせてデジカメやスマホと写ルンですを使い分けると面白いですね。


↑【スマートフォン撮影】

デジタル特有のカチッと感、コントラストがくっきりしています

↑【写ルンです撮影】

柔らかい色調、どこか懐かしいような雰囲気の写りになります